FC2ブログ






信じる者は救われる

「まったく、いつまでもしみったれた顔してんじゃないわよ!シャキッとしな!」
いつのまにか常連になっていた飲み屋の女将さんが喝を入れるも、僕は薄ら笑いをするだけで返事も無い。
「毎晩来てくれるのは嬉しいんだけどね、酒はそんな顔しながら呑むもんじゃないんだよ!いつまでも昔の女引きずってないで、前向いて歩きな!」
毎晩同じような会話。あれから、何年経つのだろう。毎晩ここに来るのが楽しみだった。あの子は今日はいるかな?今日はどんな話をしようか。そんな日々は突然前触れも無く終わってしまう。
彼女がここに来なくなっても、僕はやっぱり足を運んでしまっていた。
「だいたいねえ......」
いつもならマシンガンの様に話し続ける女将さんの声が不意に途切れる。それは店の扉が開くのと同時だった。
いつもなら元気良くいらっしゃいと言う女将さんが固まっている。こんなこと今まであったか?いや、まさかそんなわけない。それでも期待せずにはいられない。高鳴る胸を抑えながら、僕はゆっくりと入り口に振り向く。

はい、お待たせしました、お久しぶりです。R-13です。彼が待っていた女性ではありませんでしたが、皆さんは待っていてくれたかも知れない私です。
本当に長い時間が過ぎました。きっと皆さん私の事など忘れて歩みを進めている事でしょう。忘れた頃にやってくるのが地震と私です。
地震怖かったですよ。大阪のね、あれいつだっけ?結構前に大きいのがあったの。阪神大震災も経験してるので、大きな揺れが来た瞬間死ぬと思いました。まあ家族共々怪我も無く無事だったんですが、職場はパニック!交通網死亡!大渋滞の中動かない車で出勤時間3倍かかる!行ったら行ったでてんやわんやで笑うしかねえ!と色々大変でした。
あ、関係無いやこの話。

まったく関係無い話は後にして欲しい。まずは近況報告です。
えっと、子供が生まれて育っています。神の悪戯で女児です。まあ私現実と空想はしっかり分けられるタイプなので、実生活ではちゃんと良い父親になろうと奮闘中です。
後は休日専ら家事や育児、時折気分転換にサバイバルゲームに行っています。良いですよサバゲー!学生時代からの友人と、友人の会社の人達とチーム組んでまして。月に2回ぐらいのペースで楽しんでいます。
日常では味わえない緊張感、合法的に人を痛め付けられる、銃を改造する楽しさ、知らない人とでも一瞬で仲良くなれる空間。あれは良いものです。もう3年ぐらいでしょうか、楽しませて頂いています。
あと仕事の方も順調でして。おかげさまでトントン昇進させてもらって、今は偉そうにしてるのが仕事です。偉そうにするの大変なんですよ、嘘ですけど。
まあそんなこんなで公私共に忙しく、まとまった時間が取りにくくなっており、今まで更新が遅れた言う訳なんです。
でもまあ1番の原因はあれですね、続き書かないとというプレッシャー。続きって時間置くともう本当に難しいんです。だって設定覚えてないもん。でもみんな待ってくれてるから書かなきゃ!っていうのはもう、考えない事にした!
本当に申し訳ございません。私は今書きたい物を無尽蔵に垂れ流していく事にしました。いや、待てよ?ずっとそうだった!完結してないのがどんだけあるんだ!
人は諦める事で大人になるのですね。

そんな中コメント下さっていた方々にも返事を送れなかったのは、本当にごめんなさいの世界です。
私としては、ブログの雑記も他のコメント返信も、新しい更新をした上で、という謎ルールがほんのりあるんです。
コメント来たから頑張って書こう!書いてから返信しよう!それから数年経ったのがこちらです。
駄目だなぁ本当に。

特に何度もコメントくれていた訳者さん、心配させてごめんなさい。ここまで好きでいてくれる方に、手土産無しというわけにもいかず、と謎理論で結果返信出来ずご迷惑をかけてしまいました。

育児も少しだけ落ち着き、妻とも良好な関係を続けられ、趣味も安定して大人な楽しみ方が出来るようになり、仕事もぼちぼち自分のペースで頑張れるようになりました。
これからは少しずつかも知れませんが、またなにか形にしていけたらなと思います。
とは言え来月は引越しするんで、忙しいんですけどね。

と言うわけで、ブログに新作1本と、ノクターンでちょっとした続き物1本出してます。ノクターンの方は本当に短いですが、全部で何話だっけ?11話ぐらい?になります。

そうそう、誰かスカートの自動防御機能の切り方分かる人いますか?短いスカートでもギリギリでパンツ見えなくするあの機能です。
階段で幼女が前にいた時、お!見える!なにいいい!?見えないだと!?
これです。
あれって外的な操作では解除できないんですかね?
「ふふん!自動防御機能が作動してるから見えるわけ無いじゃん!」
って思ってる女児のスカート機能をオフにする事で。
「どうせ見えないんだからお尻振ってやろ!はは!これでも見えないけどねー!」
なんてやってきた際に、パンツ丸見えでお尻振ってる所が拝見出来るようになると、米中の経済戦争もお互い折り合いが付くと思うのですが。

おやおや、またどうでも良い話をしてしまいました。更にはそれを読んでしまいましたね?あなた。
謝辞謝罪は上の方で終わっております。ここはもう何の意味もない言葉の羅列、墓場です。お帰りなさい、さようなら。

感謝、という言葉があります。これは本当に便利なもので、やっとけば自分も相手も損はしないけど、なんとなく嬉しいあのあれです。
しかしそれも時にマイナスになる事もあります。行き過ぎた感謝は相手を不快にし、また感謝を強要する空気を作り出すと、それは最早挨拶と変わりなく、息苦しいものになってしまいます。
マナーと感謝は別けて考えたい。マナーとしてありがとうと言う場面は確かに存在するが、それは感謝ではないのです。感謝とは心を込めるもの。誰かに嬉しいと言う気持ちを表現する事で、相手に嬉しいを少し返す行為だと思います。
貰ったもの以上の物を返すのは粋じゃないでしょう?だから感謝はほどほどに。
それとマナーとして感謝の意を表明する場合、それは挨拶程度の物だと、自他共に認め合える様にしましょう。それが無かったからどうだとか、あんまり深く考えないようにしたいですね。
とは言え挨拶は大切ですよ。目を見てしっかり挨拶出来るようになると、それだけで仕事の評価は高くなります。中身が同じでも、パッケージで美味しく思えるとかそんなのと同じです。
なにが言いたいかというと、なんでまだ読んでるのかということですよ。もう意味のある事は書かないと言っているじゃ無いですか。もう一回だけ行きますよ?今度は大丈夫ですね?

「麗奈の!おまんこの中身はなんだろなゲーム!」
ネット配信で好評の企画が始まった。ゲストの不審者が麗奈の中に指を入れ、中に何が入っているか当てるコーナーだ。
全裸でがに股の麗奈が、頬を赤くしながら不審者の指を感じている。
「えっと、これは?なんだこれ、粘土?いや、残飯かなんかかな?」
出てくる答えはおおよそ中に入れるべきでは無いものばかり。
「残念時間切れでーす!答えは?んっ!」
不審者が取り出すとそれは噛みかけのガムだった。
「落ちてたガムでしたー!」
「わかんねえよー」
「じゃあ次は盗んだ友達のパンツプレゼントコーナー!」
今日も世界は平和である。

信じる者は救われる時もあるんですよ。何度騙されても信じる心、それを人は愛と、呼ぶのかな?
ではではこの辺で、バイバイ!ノシ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2019/05/16 11:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

挨拶すると友達増えるね

「はあはあはあ!」
太陽が沈んでもまだ暑さの残る季節、季節外れのダッフルコートを着た私は、全力で見知った通学路を逆走している。早く家に帰らないと、いやそれよりなんで?頭の中は混乱していて、それでも力一杯地面を蹴る事で雑念を振り切ろうとする。
何度もコートのボタンがしっかりと掛かっているか確認する。だってこの下は......。

私は普通の小学生だ。特に特技も無く趣味も無い。漫画読んだり友達とお話ししたり、恋とかしてみたいなぁとか思ってみたり、宿題が面倒だったりお母さんが怖かったり、そんな普通の小学生。そのはずだ。
今日の学校帰り、一緒に帰る友達がたまたま休みだったから、1人でとてとてと歩いていた。校庭で遊んでいたから日も暮れ出し、良い感じに夕陽が綺麗だなって思ってた。
「お嬢ちゃん可愛いねぇ」
そんな時目の前に現れたのは、季節外れのコートを着た太った男の人。ニヤニヤと笑う口元、不潔そうな髪、声も臭いも全てが不快だった。逃げようと思ったが足がすくんで動けない。
「ちょっとおじさんのおチンポ見てみてよ」
コートを開いた下は毛むくじゃらの裸だった。目を逸らそうとしても、眼球すら自分の意思で動かせない。魅入られている、なんて思いたくも無いが、実際そのようなものだ。
見たことないぐらい大きくなったそれは、お父さんのとは違って怖かった。男の人はそれを握ると私を見ながらゴシゴシと擦り出す。
「んほおお!もっと見て!ほら!近くでえ!」
だんだん近付いてくるが動けない。ニチャニチャという音が聞こえる程近づいた時、目の前にあったそれから白い液体が顔に掛かる。
「これで君も仲間だよ」
顔に掛かったなんとも言えない臭い液体を拭う事もせずに、ただその声だけが頭の中で木霊する。
次に気付いた時、私は既に自分の人生を壊した後だった。

「ねえねえおじさん、私の身体変じゃないかなぁ?」
私はドキドキしながらダッフルコートをはだける。目の前の禿げたサラリーマンはビックリして時間が止まっている。だって私のコートの下は、なにも着ていない裸なんだから。
「どう?まだおっぱい大きく無いし、毛も生えてないツルツルまんこだけど、変じゃ無い?」
そう言いながらおじさんを路地に誘導する。おじさんは黙って私に着いて来る。期待しちゃってるんだ。
「おじさんのチンポも見せて欲しいな。変じゃ無かったら大きくなってるでしょ?」
無言でズボンを降ろすおじさん。さっき見た変態のおじさんと同じ様に、チンポはバキバキに勃起してる。
「嬉しい!勃起してくれてるね!じゃあお礼に麗奈がチュパチュパしてあげる!」
そのまま私はガッツク様におじさんのチンポを口に入れた。生臭いチンカスと酸っぱい汗が一緒になった臭いが鼻から抜ける度に、私の小さい胸はドキドキと激しく動く。
「んぼおお!じゅるるるる!ふうふう!」
口を窄めて舌を精一杯動かす。ただチンポを気持ち良くさせる機械の様に、形振り構わず馬鹿面でチンポを扱く。
「チンカス!チンカス美味しい!おじさんチンカス鼻の穴に詰めて?ねえ?私の鼻持ち上げて、豚みたいにして?」
言われるままにおじさんは私の鼻を指で押し上げる。私は豚鼻になった穴に、指でチンポから刮ぎとったチンカスを詰めていく。
「ふがが!ぶひいい!ぶひっ!臭いで頭クラクラしましゅうう!豚鼻押し当てるんで、ザーメンお恵みくだしゃあああい!」
両手でピースしながら鼻を亀頭に押し当てると、おじさんは凄い勢いで勃起チンポを扱きだし、すぐに私の鼻から通って喉のぶち当たる程のザーメンを吐き出してくれた。
「ふがああ!ふひひ!ありがひぃうごじゃいまひうう!」
白目でお礼を言った後、私はおじさんに腕を掴まれて押し倒されそうになった。そこで、私は一旦頭がブラックアウトした。

気付いた時には走り出していたのだ。こっそり家に帰りベットに入って震える今も、何が起こったのか分からない。怖くて怖くて仕方ない。なのになんで、なんで自分の股間を何度も摩ってしまうのか。なんでこれが気持ち良いと思ってしまうのか。

「ドッヂボール行こうぜ!」
「今日外野復活1回までな!?」
男子達が一斉に遊びに行く。女子はグループで集まってお喋りを始める。私もいつもみたいに仲の良い友達と話したかったが、今日はそんな気分じゃ無い。少し用があると嘘を付いて教室を出た。
休み時間、誰も居なそうな場所を探して歩いていると、図工の準備室の扉が少し開いているのを見つけた。先生が締め忘れたのか。私は吸い込まれるようにそこに入る。
「あ、岩西くん」
そこにはクラスメイトがいた。クラスでも暗くて誰とも話さない男子。髪にはいつもフケがあり、汗の臭いもお風呂に入っていない様な強い臭いだ。正直好きじゃ無いし、クラスでも彼に構う人間は居ない。
岩西くんは私が来ると驚いて立ち去ろうとした。ここは彼の居場所なのじゃないか?そう思った私は彼の手を握って引き止める。
「ちょっと待って、ごめんね?岩西くんはいつもここで休み時間過ごしてるんでしょ?私が邪魔しちゃったんだね」
手を握っているから照れているのか、岩西くんは声にならない声を出すだけだ。私は岩西くんを中に引き入れて、扉を閉めて鍵をした。
「私実は岩西くんとお喋りしたいなって思ってたの。ちょっとだけ一緒にいようよ」
岩西くんを座らせると、私は目の前に立った。
「岩西くんってさ?いつも女子の事エッチな目で見てるよね?」
ストレートな物言いに固まって目を見開く岩西くん。
「私の事もエッチな目で見てる?」
そう言うと岩西くんは必死に首を横に振った。
「なんだ、残念だなぁ。私って魅力無いもんね?」
再び固まる。面白いなぁ。
「おっぱいだって小さいもん。でもブラはまだしてないから、こうやってシャツ引っ張ると乳首が透けるんだよぉ?」
私はわざとシャツを肌に当て、少し立った乳首を浮かす様に胸を張る。
「どう?見える?どこが乳首か指で押せたらご褒美あげちゃう」
何分か岩西くんは停止した後、ゆっくりと指を動かし私の突起を押す。
「あん」
小さな喘ぎにすぐに手を引っ込める。私は笑って言った。
「私なんて怖がる様な人間じゃないよ?ただの変態な豚なんだから。分かってもらえる様にもっと楽しい遊びしようか?」
私は岩西くんの指を先程の様に人差し指だけ出させて、両手の指を自分の鼻の穴に入れた。私の鼻は醜く歪み、岩西くんもニヤニヤ笑い出した。
「ふがあ!説明するぶひ!上と左右、あと奥に動かすと、それに合わせて私を操作出来ますぶひいい!」
面白そうに岩西くんは指を上に上げた。私の鼻が持ち上がり、より面白い顔になる。
「乳首ドリルー!グリグリー!」
私はシャツを上げて乳首を出して、両手でコリコリと刺激しながら引っ張る。岩西くんは驚きながらも凝視していた。
「ほら!次!」
すぐに我に帰った岩西くんは遠慮も無くなってきて、勢い良く今度は右に動かした。
「あーまんこ痒いー!」
馬鹿みたいな顔をしながらスカートの中に手を入れ、パンツが見えているのに気にせず股間を掻き毟る。しばらく堪能した後今度は左に引っ張られた。
「パンツビヨーン!」
パンツを勢い良く股間に食い込ませる。最早スカートは裏返ったままだ。最後に指を更に奥に入れられた。
「岩西くん、大好きです」
本気の告白だ。鼻の穴に指を入れられながらする告白なのに、岩西くんは信じられないぐらい赤くなっていた。
「ほら、もっと動かして遊んで良いよ?」
そう言うと岩西くんは面白がって私で遊び始めた。
「パンツビヨーン!乳首ドリルー!岩西くん大好きです!まんこ痒い!まんこ痒い!パンツビヨーン!まんこ痒い!岩西くん大好きです!乳首ドリルー!」
乳首ドリルをしながら告白する姿を、まんこを掻きながら、パンツを食い込ませながら、何度も告白した。こうして私達は恋人になった。

家に帰ってご飯を食べ、お風呂に入って幸せな気持ちでベットに入った瞬間、急激な吐き気に襲われる。なんで私はこんな?なんあんなことを!?泣きながらも手は自然とパンツの上から股間を撫でて、私は2回絶頂してから眠りについた。

岩西くんと一緒に下校し、私の部屋に招待した。お父さんもお母さんも仕事でいないので、今日は気兼ね無く遊ぶことが出来る。いや、遊んでもらえる。
「岩西くん、あ、そうか茂雄様って言った方が良いよね?」
私は部屋でキョロキョロする茂雄様にジュースを出して言う。
「茂雄様、今日も麗奈でいっぱい遊んで下さい!」
今日の遊びは私の恥ずかしい動画を撮ってもらう事に決定した。この日の為に衣装を昨日注文していた。受け取りも既に済んでいる。即日配達は本当に素晴らしい。
まずは何時もの私服で可愛くポーズ。それだけでも茂雄様は満足そうだったが、私はもっと無様にして欲しいとお願いした。
「じゃあ、可愛いポーズのまま鼻糞穿って食え」
「茂雄様も私の使い方が分かってくれたんですね!喜んで鼻糞食います!」
私は笑顔で鼻糞を穿り、取れた物をカメラに見せてから美味しそうに舐めとる。全てが動画に撮られていくのが快感だ。
「次はこれに着替えて空中平泳ぎだ」
ゾクゾクしながら命令をこなす。着替えたのはスクール水着だが、胸と秘部にはハートのくり抜きがしてある。私はその格好のまま真剣な顔で、立ったまま平泳ぎをする。がに股に開いた足を曲げ伸ばし、手を挙げて脇を見せる。アドリブで台詞を言うと喜んでくれた。
「チン、ポー!チン、ポー!チン、ポー!」
「あはは!いいぞ!馬鹿みたいでほんと笑える!」
喜んでくれている。嬉しい。
紐でしかないマイクロ水着を着てマングリ返し。そのまま自分の部屋で、自分の顔に小便もさせてもらった。
「んがががが!」
「そうだ口に入れろ!よし!じゃあウガイ!」
「ガラガラガラ!」
「飲め!」
「んっ!はあああぁ!不味い!もう一杯!」
小便塗れの顔でニヤけると、臭いと笑ってくれた。顔は拭かずにフローリングは自分のパンツで拭いた。勿論それも動画で撮ってくれた。
その後は濡れたパンツを丸めて茂雄様が投げ、私が口でキャッチする遊びを庭でした。私はピアノの発表会で着たお気に入りの洋服を、小便塗れにして喜んだ。
顔に当たって失敗する度に、私はスカートを捲ってノーパンのマンコを晒し、がに股になって腰を突き出して謝罪する。茂雄様がマンコを平手打ちしてまた再開。それを満足してくれるまで続けた。外から見られていないかなんて、2人とも気にしていなかった。
その後は茂雄様が発表会の服を気に入ってくれて、その服のまま汚れたパンツを顔に被って過ごす事になった。
部屋に戻って自分の持っている全てのパンツを茂雄様裏地まで全部見せて、飽きたと言われたから今度はお母さんのパンツを見せる事にした。
茂雄様はお母さんも若くて美人だと写真を見て興奮していたので、洗濯前の下着をお土産に渡してその日は終わりになった。
充実した気分で後片付けをしていると、やっぱり涙が出てきた。もうなにが悲しいのか分からない。でも恐怖は不思議と無かった。お母さんが帰ってくるまでオナニーでもして待ってよう。

日曜日、公園の便所で茂雄様に処女膜を破ってもらった。中に茂雄様の暖かなザーメンを感じながら、私は気を付けの姿勢で顔を地面に付け、両足を茂雄様に持ってもらい、人間モップとして便所掃除をした。
「食えるゴミは全部食えよ」
「はい!うぎっ!はむっ!はあはあ!」
少し苦しかったし痛かったが、茂雄様が喜んでくれていたので嬉しい。着てきた服は全部外にいたホームレスの人にあげてしまったので、お母さんに新しい服を持ってきてもらった。
「もう、麗奈ったらそんな格好で風邪ひくわよ?」
お母さんは笑いながら服を渡すと、茂雄様に土下座で挨拶してくれた。
「うちの娘を玩具にしてくれてありがとうございます。更にはこんな年増のパンツまで使っていただき本当に嬉しいです」
茂雄様は少し驚いていたが、すぐに笑って頭を踏んでいた。
その後はホームレスの人を集め、私とお母さんで裸になってラジオ体操をしたり、言われるままに動物のものまねをしたりしてから、最後はみなさんに代わる代わる犯してもらった。
帰ってから2人で良かった点や悪かった点を話し合い、今後に活かせるようにしっかりと対策を考えた。充実した気分のまま眠りに落ちる。中で動くバイブの揺れを感じながら、最近は良く眠れるなぁなんて考えていた。

痛んだ金髪に小麦色の肌、ケバいメイクをしたお母さんが、立っていてもパンツが見えるスカートと、ノーブラの白いタンクトップで家を出る。最近新しい仕事を始めたらしい。
私はというと、休みの日は家に色んな変態さんがやってくるようになったので、こっちはこっちで大忙しだ。
ネットで色んな動画が広まったり、住所が出回ったりしたからだが、全部茂雄様に言われた通りにしただけだから仕方ない。
「あ、あの」
チャイムも押さずに入ってきたおじさんに、私は全裸のまま土下座をした。
「いらっしゃいませ!麗奈で思いっきり遊んでいって下さいね!」
心は晴れやかだ。こんな気持ちをもっとみんなにも広めてあげたい。明日学校に行ったら友達も仲間に入れてあげないとね。
[ 2019/05/14 06:15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

最近歳のせいかお酒に弱くなりました

手短に。すいませんが時間はそうありません、謎の組織に追われているのです。

とりあえず、更新がない期間が長過ぎてすいません。生きてます。追われてますが。
コメントもしっかりと読ませて頂いております。返事はいずれ必ず。
諸々の更新についてはもう少し遅れそうです。
せめてもと思い、軽く書いたのでお許しを。

それはそうとして、今日は世間的にはクリスマスですね。私も妻と共に大阪の夜景を楽しみながら美味しいディナーを堪能してまいりました。
いつかお伝えしたのですが、妻が出産を控えているので、2人で過ごす最後のクリスマスを楽しんだ形です。今年はマタニティー旅行や出産準備など、やる事が多くありましたが楽しく過ごさせていただきました。
その分趣味の時間を割く事が難しく、こうして更新が遅れてしまっているのは申し訳ない次第です。

あ、そうそう。今夜のディナーは大阪は梅田の第三ビルの32階にあるお店でいただいのですが、第三ビルと言えばゲマズですよね。
時間があったのでディナー前に軽く寄って、軽い気持ちで三乳亭しん太さんの初単行本である『たまつぶし』を購入しました。タイトルロゴが親指さがしみたいな感じの禍々しいもので、とても通好みの逸品です。もちろんジャケット絵のインパクトも抜群。
妻の冷たい視線は感じておりましたが、今日行く店が32階であり、これは『さんにゅうてい』さんの本だから縁起物だよというと、「しょうもな」と小声で言って快く許してくれました。
内容はまた素晴らしかったですね。久しく本誌を買えていなかったので、こうやって単行本となってくれるのは助かりました。多くは語りませんが、暴力と愛がそこにありました。

さてさて、年末年始忙しい方も多いでしょうが、皆さん頑張って生きましょう。そう、生きましょう。生きてさえいれば……。

はっ!?

どうやら追っ手がやって来たようです。それではでは。ノシ
[ 2016/12/25 22:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

メリークリスマス

メリークリスマス
[ 2016/12/25 22:32 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

甘くて苦いマーマレード

 あーあ、疲れたよ、もう。疲れた疲れた。それしかねえよ。
 昔さ?父親が疲れた顔もせずに仕事から帰って、俺の顔も見ずに部屋に籠るのが気持ち悪かったんよ。でもさ、あれって今思えばすげえよ。子供に疲れた顔見せずに、家族に愚痴零さずに自分の中だけで完結してたんだよね。
 まあどうでも良いんですけどね。そんな父親は「暑かったから」と言う理由で定年退職前に仕事辞めて帰ってきた馬鹿ですから。
「仕事行くのにな?自転車こいでるだろ?でな?ふと信号で立ち止まって、あれ?暑いなぁ、って思うだろ?それでさ、じゃあ辞めよって思ったの」
 むしろお前よく今まで仕事して来れたなと、そう思ったのが遠く昔の出来事ですわ。むしろ清々しいよ、高校球児並みだよと。

 世の中酸いも甘いもありますが、それは私だけじゃ無く、ここを読んでいる皆さんが通る道であります。それが、その道こそが人生とさえ言える。甘くて酸っぱいのが人生、苦くて辛くて、文句言いたいけど自分の道だから誰にも文句言えなくて、それでも歩まねば先に進めない、そこにずっと居たら生きられないのが人生と言う道です。
 面倒ですよね、他の道を歩きたいですよね。でも他に行こうにも歩かねばならぬのは、足元にある道なのです。私は今足元にある道と言う糞鬱陶しい俺の下にありながらも、俺の行き先をさも指示している顔をしている悪魔と戦っているのです。
 踏み潰したい、捻じりきりたい。お前が俺を指図するなと、中指立てて笑いたい。そして気付いたのですよ。

 あぁ、父はそれに打ち勝ったのだと。

 定年まであと数年。それだけ頑張れば高額の退職金を貰える。でもそんなんいらんから、俺は俺の道を行くと、中指立てて震えながら笑ったんでしょう。
 私には今、そうするだけの生活力も実績も根拠もなにもありません。悪魔に打ち勝つ方法は自暴自棄と言う他の悪魔の力を借りなければ成功しないのです。
 いつか、私がその悪魔に笑ってお別れを言えるまで、その為の戦いだと思うと、この道も案外面白い物かも知れませんね。

 はい、お気づきでしょうがいつものどうでも良いお話ですが続きます。昔の友人と話しているとついセンチメンタルな夏が過ぎていったんですよ。
 今の仕事に不満は無いし、やりたいことをやらせて貰っています。趣味もこうして細々と続けられているようないないような。それでも文句言うのは間違ってるのかも知れません。
 他の国から日本に仕事しに来た人とか、高校卒で就職した人とか、身体にハンデを負っている人とか。しんどい状況でも、人と同じように努力しても認められない状況でも、それでも生きる為に、誰かを生かす為に頑張っている人がいる。
 あぁ私はなんて我が侭なんだろう。五体満足で会社にも恵まれ、それなりのポストを任されて、ある程度のお給金を頂いている。それだけで満足しなければならないのではないか?
 残業が多くても、同期と比べて仕事量が明らかに多くても、部下に日本語が通じなくても、上司が裏ボスレベルの難易度でも、妻といずれ産まれてくる子供を守れるだけの金があるなら満足せよと、この社会が世界が宇宙がきたーです。

 子供の頃は自由だけど、大人になったらその上に胡坐掻いて自由になって良い。私の好きな漫画の言葉です。
 じゃあさ、妄想の中だけは、この世界だけは俺の自由な世界でいさせてくれよ、と。

 知ってました?18歳未満は性の対象として見たらなんだか駄目なんですって。16歳から結婚できるけど、マンコ見たいとかパンツ見せてって言うと駄目って。小学生の染みありパンツもなぜか駄目なんです。
 それがおかしいと世間に向かって言う訳でも、それを変えようと政治家になるわけでも無い。そんな私はきっとそれほど小学生のパンツの染みが見たい訳でも嗅ぎたい訳でも吸いたい訳でも無いようです。

 クラスでも人気の小学生が、体育でガラにもなく本気を出して汗を掻いてしまい、替えの下着も無くて汗だくのまま、家に帰ると鍵が無い。ふとトイレに行きたくなったが近くにコンビニも公園も無い。焦って庭に向かって走ると向かいの家から人が見ている。
 仕方なくトイレを探そうと歩き出したがもう我慢出来そうにない。そんな時隣の家に住むキモデブが通りかかり、嫌々ながらにトイレを貸してくれと言うと快く承諾。
 しかしそこは風呂場であり、パンツを履いたままでないと許さないと言われる。スカートも取られパンツ丸出しで震える小学生。仕方なくその場で座るもその男は撮影を始める。
 抗議をするも汗だくの脇を嗅がれながら罵倒されるだけ。泣きそうになりながらもパンツを履いたままオシッコをする小学生。その姿を始終カメラに収められ、最後はお礼にと汚れたパンツを脱いでマンコ丸出して染みだらけのそこを広げてカメラに見せ、ピースをしながら「私のオシッコが染みたパンツでおチンポシコシコして下さい」と言わされる。
 もちろん汗だくの服は脱がされ、嗅がれながらチンポを舐めさせられ、自分の舌は一生チンカス専用ペーパーだと宣言させられ、その後も撮影された映像を弱みにされて呼び出され、処女もケツ穴も何もかも奪われ、友達や母親さえも売り、性格を歪めさせられてキモデブに良いように扱われ、最後はゴミの様に捨てられる。

 こんな普通の妄想ぐらいは許してくれと。それだけは声を大にして言いたい。

 俺は11歳の女児が大好きだあああああああ!あああああ!パンツの染みとか嗅ぎてええええええ!
 マンコとパンツの間に顔挟まって取れなくなりてえええええ!
 なんやかんや狂った女児とすんげえことしてええええ!
 もしくはせめてそんな女児の動画が見てええええ!
 
 念のために言っておきますが、私が書く小説の殆どは、

 この小説に出てくる人物はほぼ全て、18歳未満の女児であり、毛も生えていない未成熟な存在であり、
 実在の人物には関係しないまでも、あたかもそうであるかのように想像する事を想定して作られています。

 好きな物を好きと言えないそんな世の中はポイズンなのですよ。私は私を騙す事無く生きていきます。

 仕事は辛いししんどいけど、守りたい家族がいて、その為に頑張ろうと思えるのも私。
 11歳の女児が好きでパンツクンカクンカしたくて、催眠とかで下品にしたくて堪らないのも私。

 最後に、大阪は新世界で昼間っから飲んでるおっさんが、顔を真っ赤にさせて言った言葉を贈りたいと思います。何に対してでも無く、誰に対してでも無く、ただポツリと虚空に向かっていった言葉です。
 本来なら未来永劫誰にも相手にされないその言葉ですが、私にはそれが全てだと思えました。

「それでええやん」
[ 2016/08/14 03:03 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)